種族:獣人族

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

種族:獣人族【比肩】


強い仲間意識を持つ。競うことでより成長をしていく。相続よりも起業することが性に合っている。気分の浮き沈みで態度が変わりやすい。ここをコントロールすることが幸運の鍵。

獣人はマイペースな頑張り屋さん

独特なこだわりを持ち、頑固に思える部分もあるが納得のできるように努力をさせればナンバーワンになれる逸材が獣人が働きやすい世界観を持つ人です。
納得がいくまでコツコツと努力をする労力を惜しみません。
一旦決めると要領が悪かろうが、効率的でなかろうが、多少の犠牲を出したとしてもとにかく納得がいくまで同じ道を行きます。
ある意味天下を取れるような信念の持ち主です。ワンマンでやっていけるものを見つけるか、柔軟な考えの参謀がいれば要領を良さが必要な場面でも活躍が期待できます。
RPGでの獣人といえば、狼や猫、うさぎなど色んなタイプがいます。 進む道は多岐に渡りますが、決めた道を極めようとする努力の仕方次第で運勢が変わって来ます。
時間はかかるけど、勉強や交流で早道を進むことになり急に夢が叶ってもその持ち前の体力で必要と感じたことはやっていける人です。

獣人が主導する時期の運気

考えや気持ちが表面化しやすい時期。いざこざもあるけど、お金の循環は良い時です。タイプによっては孤立に追い込まれますが、自分の実力を把握するのには最適な時期です。

《仕事》

自立がテーマになる時。何かを始めたい、独立したいという思いが高まる。協調性の意識が薄くなり一人でやろうという意識から孤立しやすくなることもある。

 《恋愛》

個人を尊重してくれる相手とうまく行く時。束縛や思い通りにいかないと別れを切り出してしまうことも考えられます。

《健康》

気力の充実からなんでもできてしまう!そんな錯覚に陥りやすい時です。気持ち的に行けても体が悲鳴をあげていることもあります。くれぐれも過信せず身体のサインを見逃さないようにしてください。

《空亡》

お金は出て行く事が増えますが、全て勉強代です。自分の気持ちだけで進めようとすると失敗に終わりやすい時なので、相手の気持ちを尊重することを忘れずに!が円満に解決するコツです。

流年による過ごし方のヒント

獣人【比肩】

この時期は頑固になりやすく、つい張ってしまった意地が関係を壊してしまう事があります。客観的に自分を見る時間を設けてみてください。

巨人【劫財・敗財】

楽しさで後々のこと考えてなかった!っていうことになりやすい時期です。モテてモテて困るとこの時期に調子にのると後々痛い目にあいます。協調性の大切さを身を以て思い知る時といえます。

精霊【食神】

普段はストレスを感じていた人間関係が上手くいきやすく、仕事や恋愛もうまくいきやすい時期です。行動範囲を広げてしっかりとチャンスをつかんでいきましょう。

魔族【傷官】

いつも以上のマイペースを発揮します。周囲のことに興味を持つようになるので、周りから見るといつもより協調性を感じる部分はあるようです。

小人【偏財】

マイペースでいられることが基本のあなたにとっては苦痛を感じることが多い時期です。誰かのペースに飲み込まれるとどうしてもストレスが溜まりやすくなります。一日に少しでもいいので、自分の時間を作って。自分より人に尽くすことでお金の巡りは良くなります。

人間【正財】

金運も上々で過ごしやすい時期です。この好機にやりたいことをやってしまいましょう。

悪魔【偏官】

変化が苦手なあなたにとっては苦痛の連続という時期です。気苦労を感じていれば、恋愛や結婚などいい縁が生じてくるかもしれない暗示。気苦労で健康面は注意ですが、弱ってきたころでないとパートナーをパートナーとして認識できないのかも。ここで支えてくれる人は良縁だと言えます。

天使【正官】

譲れない部分が多いあなたが柔和になれるのがこの時期です。それによって普段はいがみ合っていた人とも不思議と溶け込めるような出来事あります。人からの協力を得やすい時期なので、保留していたやれていなかったことがあるなら挑戦してみて損はありません。

妖精【偏印】

マイペース差に磨きがかかって理解者さえも避けて通ろうとするような状態です。無理にいい子になろうとするよりも、一人の時間を満喫するのも新鮮さを感じるものです。寂しくなった時は誰も自分を知らない土地に足を運んでみるのもいいかもしれません。

神族【印綬】

攻撃されてもスルーしがちだったあなたに「受け止める」器が出来上がってくるのがこの時期です。先人に学び着実に前進していくことで、あなたが本来持つ粘り強さや仲間思いの部分が活きてきます。謙虚でいることで、あなたにしかできないことが見えてくるでしょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする