属性

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

占いの基本になる要素

五源陰陽は占いをする上で一番重要な要素になります。

五源陰陽は太陽のエネルギーの影響を示していると言われている要素で、木・火・土・金・水、五つの要素にそれぞれ陰と陽があり、全部で10の要素があります。

甲(木の陽)、乙(木の陰)、丙(火の陽)、丁(火の陰)、戊(土の陽)、己(土の陰)、庚(金の陽)、辛(金の陰)、壬(水の陽)、癸(水の陰)

この要素は一年、一月、一日、一刻で次の要素に移り、一巡しています。

RPG占いのマークについて

RPG占いでは、この基本になる要素も時間短縮のため、マークに置き換えています。

占いにおいて筆記の時間より、カウンセリングの時間を多くとりたいと考えた結果、どれも4画以内で筆記できる文字にしています。

基礎五源

単純に方角をイメージする記号になっています。

土は土用の丑の日でおなじみの土用、これは季節の変わり目を意味します。

年に実は四回あるんです。なので、四角です。

「木」=>「>」 東のエネルギー

「火」=>「Ⅴ」 南のエネルギー

「土」=>「□」 中央のエネルギー

「金」=>「<」 西のエネルギー

「水」=>「Λ」 北のエネルギー

五源陰陽

占い師なら覚えておきたい甲乙丙丁…癸なのですが、庚・癸が出てくると一気に書く画数が増えて煩わしかったので、見た目がそれっぽくて、すぐ書くことのできるマークに置き換えました。

すべては書き取って命式を作ることよりも、話をまずお伺いしたいという気持ちからです。

「甲」=>「#」 薪をイメージしています

「乙」=>「§」 植物のツルをイメージしています

「丙」=>「◎」 太陽・爆発的な炎をイメージしています

「丁」=>「δ」 炎をイメージしています

「戊」=>「Д」 岩山をイメージしています

「己」=>「田」 田んぼや畑をイメージしています

「庚」=>「↑」 武器や戦いをイメージしています

「辛」=>「$」 貴金属をイメージしています

「壬」=>「∫」 小川の流れをイメージしています

「癸」=>「三」 大量の水をイメージしています

……すみません、ウソをつきました。

字が汚くて「乙」と「己」の読み違え防止の為でもありますm(_ _)m

私は火属性である天の日生まれなのですが、金が比較的燃えやすい場所にあってせっかちなんです(^^;

加えて、一つに集中するとガン無視しちゃいそうで……かと言って、それでOKとできるような命式じゃないのでこのような七面倒な文字を当て込む作業をしました。

守護神(十二支)

干支のままでもよかったのですが、新しく要素を覚えやすいストーリーが欲しくてオリュンポス十二支……十二神を採用しています。

干支になっている漢字にもストーリーがあるのですが、それは高名な占い師さんにでも聞いてください(^^;

「子」=>「@」アテナ 知恵の女神・頭と歯をイメージしています

「丑」=>「⇔」ヘラ 結婚の女神・結ぶという意味と喉をイメージしています

「寅」=>「T」ヘパイストス 鍛冶の神・ハンマーと上半身をイメージしています

「卯」=>「卍」ヘスティア 暖炉の女神・暖炉と耳をイメージしています

「辰」=>「=」ポセイドン 海の神・海と肌をイメージしています

「巳」=>「仝」ゼウス 神の王・全身を巡る神経と下腹部をイメージしています

「午」=>「◇」アプロディテ 美の女神・両足と血管をイメージしています

「未」=>「¢」アルテミス 豊穣の女神・裏表と肛門をイメージしています

「申」=>「&」アレス 戦いの神・腰と腕をイメージしています

「酉」=>「ё」ヘルメス 商業の神・口とリンパ節をイメージしています

「戌」=>「Å」アポロン 太陽の神・胃と鼻をイメージしています

「亥」=>「〆」デメテル 季節の女神・最後と言う意味と首をイメージしています

べ、別に「戊」と「戌」を書き間違えて混乱したことがあるわけじゃ……

混乱したことがあります m(_ _)m 未熟者で申し訳ないです。

マークを覚えるとなんとなく体のどの部位に該当するかも合わせてマークを振り分けています。

基礎五源とセットで覚えたい基礎五源の意味

ここからはサイト内で使用しているアイコンでご紹介します。

マークと一緒に意味も覚えておくとインスピレーションがわきやすいです。

沢山の人が少しでも多くの要素を覚えられるように、アイコンにヒントを詰め込んでいます。

覚えてしまえば、後は筆記を素早くできるので沢山、占うことが出来ます。

色んな人の過去と命式である世界観を照らし合わせることで、自分や身近な人との未来を良いものに変えていけることを願ってのことです。

なにより、なんとなく言っている意味が分かれば、誰かに言われたことではなく自分自身で運命を切り開いていけますから!

それでは、基礎五源から覚えていきましょう!

基礎五源 基礎五源の意味
木・青色・酸味

視覚・仁・手本

肝臓・喜・東

薬指・3・8

火・赤色・苦味

聴覚・礼・視

脾臓(リンパ)・楽・南

中指・2・7

土・黄色・甘味

臭覚・信・思

肺・怨・中央

人差し指・5・10

金・白色・辛味

味覚・義・言

腎臓・怒・西

親指・4・9

水・黒色・塩味

触覚・智・聴

心臓・哀・北

小指・1・6

五源陰陽と五源陰陽の意味・主属性別タイプ

最低限覚えておきたい意味を記載しています。

細かいのを覚えた方が語彙は広がりますが、まずはシンプルが大事です!

五源陰陽 五源陰陽の意味 主属性タイプ
樹(陽の木)

向上心・誠実・堅実・優しさ

正義感と忍耐力の

リーダータイプ

花(陰の木)

協調性・臨機応変・依存

穏やかな雰囲気の

世渡り上手

天(陽の火)

積極的・気分屋・おおらか

前進あるのみの

ポジティブ人間

炎(陰の火)

礼節・繊細・用意周到

洞察力の鋭い

参謀タイプ

頑(陽の土)

真面目・正直・情に厚い・マイペース

興味を追求する

冒険家タイプ

園(陰の土)

柔軟・器用・家庭的

マイペースな

お母さんタイプ

戦(陽の金)

潔い・機転が利く・正義・合理的

口も手も達者な

働き者タイプ

美(陰の金)

感受性・気品・親切・社交

細やかな気配りが

出来る芸術肌

海(陽の水)

聡明さ・自由・変化

心の広い個性派
雫(陰の水)

想像力・こだわり

クールで活動的な

研究家タイプ

五源陰陽(天干) と 守護神(地支)

占いをする上でさらに詳細を占おうとする時、必ず「季節」の概念が必要になります。

太陽のエネルギーである五源陰陽には常に十二支(地支)がかわるがわる同行しています。

十二支は地球のエネルギーを意味しており、地球からは季節や他の星の影響があるため、2つか3つの五源陰陽をセットにしたエネルギーが巡ります。

流派によっては十二支に格納される五源陰陽は違うのですが、RPG占いは目安に出来ればいい程度のざっくりした占いですから、もし他の正統派の流派に興味があれば勉強してみてください。

基礎になる五源がわかっていれば、とっかかりが出来て多少は読みやすくなってくると思います!

長くなってきたので、十二支の代行である守護神(ガーディアン)は別の項目で説明いたします。

最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする