コラム 視点を変えれば何が課題か見えてくる!起こることはすべてがヒント

スポンサーリンク
スポンサーリンク

起こる事は全部がヒント

悪い事も良い事も起こる事は全部ヒントです。
タイトル復唱しただけじゃよくわからないですよね(^^;
分かった人は勘が良すぎますヽ(;´Д`)ノ

例えば、階段を落っこちたらアンラッキーですよね?
見方を変えると、怪我をした時は今はお休みしなさいねーってことなんです。

芸能界がタブーとされるRPGキャラの人で一発屋にならない人は、ラッキーとされる時期に不祥事やらバッシングやらでお休み状態になる時があります。

それってツイてないように見えて、職業監督さんの仕打ちを避けると、そういうことだったりします。

芸能界に限らずタブーな場所で活躍している人は沢山いるんです。
音楽がタブーな人がLive前に怪我をするとか、歌手なのに声が出ないとかタブーはちょいちょいことを起こします。

休むべき時、強制的に休ませてくれている。
頑張らなくていい時は頑張る時じゃない。
そういうヒントだったりします。

常に出来ることを考える。
行き詰ってしまう事には理由が必ずある。
関係ないような共通点もメッセージだったりします。

かつての私の場合はとことんアレス(申)やヘルメス(酉)の要素のモノが周りにあふれていました。
友人の生まれ年、カラオケ、声を使った趣味、コンピュータ
日常の大半がここの要素に偏っていました。

今は周りにアテナ(子)の要素ばっかり寄ってきます。
集まってくるものが変わるって次に進み始めた!ってそういう事なんですよね。

集まってくるものは生年月日に関係してくる守護神の要素が比較的に多いです。

申年生まれなら同級生は申年だらけになりますし、致し方ないのですが、学校を卒業してからもなんとなく生年月日と関係のある守護神に関係するものの方が長くかかわります。

自分の生年月日に関係なくとも家族の問題を放置していると、家族の生年月日の守護神であふれかえることだってあることもあるので、調べてみると解決すべき問題のヒントが見えるかもしれませんね(^^;

好き嫌いの変化とか、色の好み、模様替えや変わりたい衝動

「ひどく落ち込む時って次は上がるしかない」ステップアップのための踏切中です。
そこでうずくまったままじゃ先に進めません。

時には思い切った決断も必要です。
飛ぶしかないと思ったら飛びましょう。
それが逃げの選択じゃない限りは結果がついてきます。

おや?と思ったらもうワンステップ!そこから読み解けることを分析して見て下さい。
面白いことがわかると思いますよ。

運勢はDNAと同じように二本の螺旋が絡み合うように構成されており、流年と自分の世界観が上に向かってぐるぐると登っていきます。

この構造がとても読みづらく見える正体だったりします。

ポジティブな行動は右に進み、上へと押し上げる力なり、ネガティブは左へと進み体や心を癒そうとする作用になりますが、下へと進んでいきます。

アンチエイジングは左回りというのを聞いたことがありますが、癒しのために下へ戻っていくのは自然なことなのかもしれませんね(^^;

戻るのはほどほどにしないと進展しませんので、行き当たったら行動指針を変えるきっかけとして分析を是非してみてくださいませ☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする