スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

命という占い

占いには「命(めい)」「相(そう)」「卜(ぼく)」の3種類が存在する。

RPG占いは命に当たる私なりの解釈で作った占いです。

命にあたる占いは沢山あるが、生年月日とその時の星の運行で宿命を予測していくタイプの占いになっていて、有名どころでは主に2種類あります。

  1. 西洋ではホロスコープ(星座占いなど)
  2. 東洋では四柱推命(干支占いなど)

この二つは命の占いとしては老舗といえるでしょう。

日本では独自に変化する占い

日本では国民性なのか、アレンジされた占いが存在する。

都合のいいところだけ聞いたり、コミュニケーションツールとして使用する側面が強く、占いとのつきあいは「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と結構フランク。

それだけに、なかなか活用して成功に向かう人は一握りです(^^;

風水を参考にした九星占星術やインドのホロスコープを参考にした宿曜占星術、四柱推命やホロスコープも日本独自のアレンジされたものが無数に存在しています。

その人の背景によって当たるものから当たりにくいものは同じではないので、友達が当たったから自分もピタリと該当するとは言えなかったりします。

そういう部分もあるので、「占い」は参考にするくらいの付き合いをお勧めしていますです。

命の占いの活用の仕方

それぞれ、恋愛や仕事の縁やら運勢を把握してどう進んでいったら、開運していけるか?と道しるべになってくれるタイプの占いです。

未来をピタリと言い当てることもあるけれど、相性や縁で予測を立てるので「卜(ぼく)」よりは多様性に欠けていて、近未来を予測しようとすると「高いヒアリング力」が必要になってきます。

専門的な話が多かったりするので、「暗記力」と言葉選びの「センス」が必要になります。

学問や統計が好きな人には習得しやすい占いとされてはいますが、使いこなすにはセンスを磨く反復学習が必須です。

使いこなせるようになるまでの道のり

  1. まずは丸暗記
  2. 使いこなせるまでひたすら知人や芸能人を占って知識を実感に変える
  3. 自分の開運や身の回りの人の相談に乗ってみる
  4. ネットや電話、対面で占うことを習得する
  5. 本やコラムの執筆業・人によっては弟子をとったり教室を開いたりしてみる

熟練度が増していくと、仕事としても展開していくことができます。

奥が深いので、趣味として勉強してみるのも楽しいです(*´▽`*)

子育てや、部下や後輩など育成に関わる人が習得していると心強いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする