生命線に関係する□や◇など四角紋について

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




生命線に関係する□や◇など四角いマーク

生命線に関わってくる四角紋に関しては俗世間と遠ざかる暗示と言われています。

精神的事情のとこもありますが、その辺りの判断は感情線にも四角があるかを確認してみると予測が立てやすくなります。

仕事や生活環境の事情でほとんど人に会わない場合もあれば、入院生活などで隔離に近い生活をすると考えてください。

彼氏彼女の束縛で自由に遊びに行けなくなった……という場合にもこの□マークが出る場合があります。

いずれの場合も時とともに元に戻ることができる相なので、そこは前向きに考えましょう。

彼氏彼女に尽くすタイプの人はこの四角のある期間は比較的べったりとハッピーに過ごせている期間という事もあるようで、悪い方向に出るとは限りませんよ?

生命線の場所

生命線
生命線は金星丘周辺に弧を描くように刻まれています。

「真っすぐシンプル」に綺麗な半円であれば風邪をひきにくいとか病気をしづらいタイプ!

「切れ切れ」や「先っぽがホウキのように分裂」するとお腹が弱かったり、することが多いです。

「島が多い人」は呼吸器などが弱いことが多いようで、外を歩くときはマスクをするようにするなど、ひと工夫することで改善した!というお話をよく聞きます。

体質は生まれつきもありますが、乱れが多い人の方が無理をしない生活を心がけることでシンプルな手相よりも長生きさんが多いと感じております。

もちろん、生まれつき体が丈夫で更に健康を考えている人は疑いようもなく長生きさんです。

身体が丈夫だからって無理は禁物!若い内は無理なダイエットをせず、ちゃんと食べて寝起きをしていればいいんですが(^^;

後悔しない自分に合った生き方を生命線から考えてみてくださいませ☆

生命線のスタートとゴール

生命線のスタート位置

生命線の始点

生命線の終わる位置

生命線の終点

生命線が見つからない時

  • 線が薄すぎる
  • 切れ切れでの線で構成される
  • 頭脳線と同化している場合も存在する

以上が考えられます。

生命線が分離して判りづらいこともありますが、生命線が二本以上に見える人に関しては忙しくしていても二本以上に見える期間は不思議と体力が続いてしまうなんてこともあるようです。

ストイックな二重生活が出来ちゃうけども、時間的に余裕がなくてちょっとつまづいた結果自分の時間が取れない!!と思っていたりする期間は二本の生命線に対して入った障害線で□ができるという事もあるようです。

生命線に隣接する□印

生命線(四角紋)
この場合は生命線に接する面積が少ないため、交通事故だったり事件に巻き込まれて逮捕拘留されたりする可能性を心配します。

男女交際でえらい目に遭ったとか、一時的に身動きが取れなくなるようなことが起こってもこれもほんの一時的なことですからきちっと対処していきましょう♪

生命線の×印や*印を囲む四角マーク

生命線(四角紋・横切る線)
□マークの中に他のマークがある時はその意味を弱めるという意味になります。

こういう四角の出方の場合は、事故や病気に遭っても一定期間で快方・解放に向かうような状態です。

心配し過ぎても心労が溜まるだけ、四角に守られているなら問題にちゃんと向き合うことで必ず助かると言う護りの四角紋と思ってOK!

生命線の流年の位置から時期を予測する

生命線の流年
他のマークと同様に□マークの出ている位置でだいたいの年齢が予測できます。

占いの本によっては年齢から起こりそうな事案を予測して具体的に占っているものもあるかと思います。

「大事な人と別れてふさぎ込んでしまう」
「やんちゃなことをやって逮捕される」
などなど書かれていても自分には当てはまらなかったりするので(^^;

心配なら心配して何もしないより、「どんな事ならあり得そうか」を予測して予防策を色々試してみましょう!

方向性があっているなら手相はそれに合わせて変化して教えてくれますよ!

まとめ

  1. 生命線の四角マークは物理的に隔離される暗示
  2. 四角の中にあるマークはいい意味も悪い意味も弱くなる
  3. 問題を暗示するマークは行動を変えることで薄くも濃くもなる

手相において問題もチャンスも普段の行動の積み重ね次第で変化します。

四角紋は実は運のいい人に多い紋です。

それだけに甘えてしまうと伸び悩むという要素はありますが、自分を律することでより良い手相を作り上げていっていただければ幸いに思います。

最後まで読んでいただきありがとうございますm(_ _)m

テスト運用中
【おためし無料占い】
 現在テスト運用中です!




お家で気軽に本格占い!
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




SNS

フォローする